バキュームデバイス法といった治療

トップバナー

バキュームデバイス法といった治療

「バキュームデバイス法」は吸収機器をペニスに付けて、勃起を促進して、バンドでよりそれを押します。
しかし、すり減ることはそれに10分以上を要します。
そして、使用時間は30分の間下で制限されます。
そして、多くの制限があるようです。

「海綿体注射法」は、ペニスの海綿体ペニスへのプロスタグランジンE1と呼ばれている血管抑制薬を注射します。
それを想像して、それが痛いようなだけです。
自分によってこのエージェントに日本に注射すると認められないので、あなたは医者に尋ねなければなりません。

そのうえ、男性ホルモン分泌(低下)の異常に起因するならば、「男性のホルモン補充療法」と呼ばれている治療があります。
病院で男性ホルモンについて点検を行って、筋肉注射とエージェントの口の生活でそれを補います。

ペニスの血の流れには問題がある脈管EDの場合、手術と呼ばれている手が、あります。
脈管EDには、動脈特徴と静脈特徴があります。
動脈のEDは、血流のしずくが動脈のトラブルのためにスポンジ状の本体内に流入する原因になります。
他方、静脈EDは反対します。
そして、スポンジ状の体から止まる血流は活動の実効レートが80%以上であるsuperabundant.Becauseになっている障害です。
動脈のEDの場合、あなたはそれを選択の1つに入れるかもしれないが、それが実効レート50%より少ないので静脈EDを推薦することができません。

動脈手術は、ペニスの動脈に腹筋の後ろで、下上腹部動脈を結びます。
しかし、活動は若干の適合状況を含みます。

ノン・エレクト法
copyright(C)上手なED治療法